様々な流動現象を対象として,予測技術の整備を進めるとともに,受動的・能動的機能の活用,制御,悪影響の防止の観点に立ち,応用を見据えた研究を行っています. 例えば,マイクロバブルの利活用,ロケットエンジン用ターボポンプに生じる不安定現象や振動問題の防止,補助人工心臓や飛行ロボットといった最先端の流体機械の開発を研究テーマとして, 実験,理論,シミュレーションを駆使して課題に取り組んでいます.

information

2016.05.01 (終了しました)
「今市憲作先生を偲ぶ会」を行いました.

【2016年度 機械科学コース4年次学生】(終了しました)
研究室見学会を以下のように行います.


2016.03.28
学位授与式が行われました. B4の岩坪が基礎工学部賞を受賞しました.

2016.03.11 【国内学会発表】
M2高山が日本機械学会 関西支部第91期定時総会講演会で口頭発表を行いました.

2016.03.10 【国内学会発表】
B4岩坪,加賀山,中,中江,鍋島,西村,沼が日本機械学会 関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会で口頭発表を行いました.西村がベストプレゼンテーション賞 (BPA)を受賞しました.

2016.02.19
B4の8人が口頭試問に臨みました.

2016.02.16
M2の2人が基礎工機能創成専攻の修士論文講演会で発表しました.

2016.01.21
研究室新年会をおこないました.

2015.12.18
研究室忘年会をおこないました.

2015.11
杉山教授が日本機械学会流体工学部門一般表彰(フロンティア表彰)を受けました.

2015.09.17〜18
研究室旅行をおこないました(岡山,小豆島).

2015.09.07〜10 【国際学会発表】
杉山教授,M2高山,坪内,M1豊島,中井,渡部がAICFM13で口頭発表を行いました.豊島がBest Paper Awardを受賞しました(共同受賞:卒業生の阪口,M2坪内、堀口准教授,杉山教授).

2015.08.17 【研究紹介】
基礎工学部機械工学同窓会のサイトに研究紹介が掲載されました.
「研究室だより Vol.9 杉山研究室」

2015.07
堀口准教授が大阪大学総長奨励賞(研究部門)を受賞しました.

2015.05
米澤助教,辻本名誉教授がターボ機械協会賞(論文賞)を受賞しました(共同受賞:鳥屋原信吾,本木慎吾,田中宏,Peter Doerfler).

2015.03.02 【研究紹介】
基礎工学研究科のサイトで研究紹介されました.
「気液界面を有する流れの研究」

2013.07
辻本教授WEB最終講義


research subjects

  • 空気潤滑法による摩擦抵抗低減
  • 気泡群のクラスタリング
  • マイクロバブル生成システム
  • 流体機械に生じるキャビテーションの動特性
  • キャビテーション不安定現象の抑制
  • ロータダイナミック流体力
  • 体内植え込み型右心補助人工心臓
  • 低レイノルズ数流れにおける回転翼の空力特性
  • 飛行ロボットの空力特性
  • ガスタービン・蒸気タービンの経年劣化と性能低下